完母で育てるママの苦労

ウソ!育毛剤 > ママ > 完母で育てるママの苦労

完母で育てるママの苦労

私には10か月になる息子がいて、生まれてからずっと完母で育てていた。息子が9か月を迎える頃から離乳食を1日3回にしたため、母乳をあげる回数や飲む量が少しづつ減った。そのせいなのか、最近になっておっぱいがどんどん張ってくるようになっていった。元々母乳がかなり出る方だったので、どんどん飲む回数や量が減ることにより、おっぱいに母乳が少しづつ溜まっていくようになってしまった。そしてついに、3日ほど前に数か所の乳腺が詰まってしまい、乳腺炎になってしまった。朝からおっぱいが痛いなと感じていたが息子に飲んでもらえば大丈夫だと思い、しばらく気にせず放置していたら、どんどん体がだるくなり全身の関節が痛くなってきて、悪寒までし始めた。これはちょっとやばいなと思い、体温を測ってみるとなんと38度もあり、至急息子を抱いて助産師さんのいる病院に行った。解熱剤や抗生物質を出してもらえることもあるみたいだったが、あまり薬に頼りたくなかったため、詰まった乳腺を開通させてもらうため、おっぱいマッサージだけしてもらうことにした。詰まった乳腺を開通させるということもあり、おっぱいマッサージはかなりの激痛で、約40分くらいマッサージされた。自分が乳腺炎になるとは思ってもみなかったので、なぜかショックだった。やっぱり完母で育ててるママのほとんどは通る道なのかなと思った。おっぱいマッサージが終わり、胸を触ると張りがなくなっていた。その日は早めに寝て、いつもより少し体を多めに休ませたおかげで、次の日には熱もだるさもなくなり、少し関節痛が残ってるだけになっていた。おっぱいマッサージをしてもらい、乳腺の炎症を少しでもよくしてもらったおかげだなと思いました。乳腺炎になった日は子育てしている中で一番つらい日でした。

生命保険安い